2009年 05月 10日

永久認定書の授与

c0127235_12553319.jpg

九州救助犬協会では、質の高い救助犬の育成の為に、新たな認定犬の試験を設けられました。
新たな試験『S.o.c.t』(Special.Opereations.Capable.Team)試験は、4つの受験資格基準があり、その4つの基準を満たしている救助犬及びハンドラーのみ試験を受けられます。
試験内容は、①自殺企図事案(捜索時間は1時間)②認知症事案(捜索時間は2時間)③軽登山遭難者事案(捜索時間は3時間)の3つの科目があり、すべて合格した救助犬及びハンドラーに対して永久認定書が与えられます。
すべて実働に沿った試験内容です。準備物から採点されます。また試験前には審査員から必要な情報を自分から得なければなりません。
かんなママ&かんなペアも3月に受験していて、3つとも合格を頂いていました。そして、昨日の救助犬協会総会の席で、その認定書の授与が行われました。


「特別認定救助犬」の認定を受けたからといって、100点満点の私達ペアではありません。試験では沢山の足らないところが見つかって、要領の悪い捜索もしてしまいました。気づかされることばかりでした。
その気づきは、「より早く要救助者発見の為」にと、その後の訓練に生かせるよう努力しています。
[PR]

by kan-chan1013 | 2009-05-10 13:54 | 訓練


<< 新しいダミーで♪      ちょっとやる気が出たかな・・・ >>