2009年 07月 30日

福岡県篠栗町へ出動

c0127235_10372519.jpg
28日夕方、山口県防府市の捜索を終え帰路についた時、救助犬の捜索参加を打診していた福岡県篠栗町より九州救助犬協会に正式依頼があり、そのまま被災地へ向かうことになりました。
町役場の災害対策本部に到着したのが18時過ぎ。簡単な被災地の状況説明を受け、被災地へ向かいました。
被災地に到着したのが19時前。辺りは薄暗く、ヒグラシが鳴き、小雨が降り、サーチライトを照らしながら現場まで歩いて行きましたが、現場までに何ヶ所か小さな崖崩れを目にし、とても怖くなりました。

町長さんに挨拶をし、早速救助犬3頭を投入して捜索を開始しました。大変な状況を目にし、私とアキが入る所ではない、入れないと感じました。無闇に入ったとしても二次災害の危険がありました。経験のあるハンドラーに任せることにしました。

c0127235_10503654.jpg
20分程捜索をした救助犬とハンドラーが帰って来ました。救助犬でも難しく、判断に難儀する状況のようで、更に暗くなった為に二次災害の危険もあり、この日はこれ以上の捜索は中止することにしました。(他機関の捜索は21時まで行われました)翌日も早朝から捜索を開始するということだったので、待機することとなりました。

私は29日は仕事だったので帰宅しました。


翌日29日の状況はこちらを。。。
また今回の活動状況はこちらでもお聞きできます。


現在も福岡県篠栗町の行方不明者はまだ発見に至っていません。
一日も早く発見出来ますようお祈りいたします。
[PR]

by kan-chan1013 | 2009-07-30 11:03 | 出動


<< 暑中お見舞い申し上げます。      再び、被災地山口へ >>