2009年 08月 23日

訓練は丁寧に!

c0127235_8512063.jpg

8月も残りわずかとなりますが、残暑厳しい毎日が続いています。
かんなハウスのトタン屋根の水掛が欠かせません。期待している夕立もなかなか来てくれません。
なので、川遊びが日課となっている今日この頃。。。

訓練でも川を利用したヘルパー設定は欠かせません。
いくら山奥で訓練をしていても暑いもんねっ。
夏限定訓練で、みんなパワーアップに励みます(^^)

先週日曜日、久しぶりに沢山の仲間達と訓練をしました。
私も含め、仲間達も経験の浅い、若い救助犬の育成に燃えています。
ハンドラーそれぞれが、それぞれの救助犬の「今日の訓練の目標!」を考えてきます。

あるハンドラーがご自身の若い救助犬の訓練方法で「もっと近場でしっかり訓練した方が良い!」と仰っていました。私自身もかんな(ちょっと経験は豊富な救助犬)とアキ(経験は浅く沢山覚えることがある救助犬)の訓練内容を考えますが、どうしてもかんなにもっと学んで欲しい!と思ってしまうので、かんなに優先的なヘルパー設定となってしまいます。そ~なると、それはアキにとって難しいヘルパー設定(=私のハンドリングが難しくなる)となり、うう~ん?と悩むことが偶にあります・・・。

「もっと近場でしっかり!」と聞いて、確かにそ~だな~、かんなもそうやって丁寧に訓練をした(もらった)な~、だから今があるのよね~、、、アキは丁寧に出来てる!?と思いました。。。
当たり前じゃ~ん!と思われるかもしれませんが、次の救助犬を育てる時って、な~んか高望みしません!?「かんなが出来るからアキもやってみてごらん!」「出来るはずよ~!」って。私だけでしょうか・・・。私、ちょっ~と心の片隅でそうだったかも・・・。 難度の高いヘルパー設定だったら、何処にポイントをおくか、丁寧なハンドリング、をしないと、アキ自身も頭の中?マークだよね~(^^;)

c0127235_952781.jpg
「訓練は丁寧(しっかり)に!」
「個々に応じたポイントを持つ!」

そんな風に考えながらハンドリングしたアキは、、、良かった(T_T)ううう。。。
と、大満足で親ばか丸出し!過剰自賛!のかんなママ。。。


この日の訓練は、全員が終了するまで4時間かかりました。
口数の少ない(ええ~?)かんなママですが、いつも感謝しています。
それに沢山の仲間達と訓練をすると、自分を振り返らせてくれますね。。。
刺激一杯の夏の訓練です。
[PR]

by kan-chan1013 | 2009-08-23 10:40 | その他のつぶやき


<< もうすぐ11歳の現役      阿蘇山域山岳遭難救助訓練 >>