2009年 09月 09日

「救急の日」

c0127235_16321475.jpg
今日は9月9日、「救急の日」です。
救急に関するイベントや研修会など開催されているのではないでしょうか。
特に「心肺蘇生術」や「AED」の取り扱い方を主にされているのではないでしょうか。
「救急の日」に限らず、消防署では市民を対象にした「心肺蘇生術」の講習をされていますね。
また学校でも、お願いすれば講習を開いて下さいます。

かんなママの職場でも、AEDを導入した際に研修会がありました。
新しい「AED」という器具を使って、研修会ではみんなテンションが上がっていました。確かに「AED」を使えば、誰でも慌てず簡単に取り扱うことができ、人命救助ができますね。実際に助かった方もいますし。

「AED」の取り扱いは簡単です。ガイダンスに従えばいいので。
それに「この方はAEDを必要としません」みたいな判別もしてくれます。
職場の研修会でも、取り扱い方はみんな上手でした。

では、何が問題かな・・・

倒れている人、息をしていない人、心臓が止まっている人を目の前にした時の判断!
「AEDが必要だから持ってきて!」と言い、持ってきてもらって、使うまでのその時間!

というのが、研修会でデモストレーションを経験したかんなママの感想です。
同じ感想をもった同僚っているよね。。。

職場では近日中にまた「AED」の研修会を開く予定なんだそうです。
確かに「AED」の取り扱い方も大切ですが、視点がずれませんように。。。
プロの方のご指導も欲しいところです。。。


PS:画像は、昨年の県防災訓練での一コマ
[PR]

by kan-chan1013 | 2009-09-09 17:08 | 仕事・つぶやき


<< 多分・・・美味しいです♪      坊ちゃん南瓜 >>