2009年 11月 16日

第5回訓練競技大会

29頭が出場した、「九州救助犬協会・第5回訓練競技大会」が、昨日終了しました。
結果については、近日中にHPの方で報告があると思います(^^)
閉会式で、審査員からの競技の講評に続き、出場者(犬)全ての得点の発表があり、それぞれが納得したり、改めて感じるものがあったり、競技を振り返り反省することが出来たのではないでしょうか。

では、かんなママも振り返ることにします。(今日は画像な~し)

アキ編。
瓦礫・平地捜索共に、作業を拒否しました。(平地捜索でヘルパーを一人発見はしていますが・・・)
かんなママの声も聞こえません(聞いていません)。スタートダッシュから始まり、必死で追いかけましたが、さすがにかんなママの体力の限界を感じ、途中中止をお願いしました。
こうもあると、かんなママもどうすればいいのか分かりません。
夏に頑張ったのが何だったのか?アキが何を考えているのか理解出来ません。
私が里親だから甘えがどうしても出てしまう、とよく言われますが、絶対それを越えてやる!!とかんなママ的に頑張ってきたつもりですが、手応えを感じません。甘えだけだろうか?と逆に疑問を感じてしまいます。
捜索は好きじゃないのか? これではアキを実働で使うことが出来ません。自信がありません。

かんな編。
瓦礫・平地捜索共に、作業能力が低く、平地捜索時間一杯、残り1分でいつものかんなが戻った感じでした。
原因は分かっています。分かっていながらも、前日の調整で、、、結局は調整してあげれなかったのが心残りです。 かんなが伸び伸びと好きな訓練が出来るように、かんなママがちゃんとしてあげないといけないなっ。
[PR]

by kan-chan1013 | 2009-11-16 21:15 | 訓練


<< PD訓練競技会      調整!? >>