2010年 02月 17日

これこそ!

c0127235_20515034.jpg

宮崎県都城署より、病気を患った82歳の女性が行方不明となっていると、九州救助犬協会へ捜索依頼があり、地元のハンドラーと救助犬が今日出動しました(かんなは出動していません)。
詳細は九州救助犬協会HP(ブログ)に報告されると思います。

出動したハンドラーに電話で聞いた話です。
話を聞いて「そう!これよ!凄い!」と、仲間の活躍に興奮し、手をたたいて喜んでしまいました。

救助犬とハンドラーの実力がいくらあっても、それだけでは現場では通用しません。
効率良く活動する為に、事前の情報収集はもちろん、現場でどれくらい情報収集が出来て、捜索の方向性を的確に決定出来るか、となると思います。
ですが~、簡単に言うようですが、これがしっかり出来るかとなると難しくて、現場経験をつむしかないと思います。現場から学ぶことは多い!と言われますし。。。

今日の捜索では、事前の情報は殆ど無く、現場に到着後情報収集し、その情報を基に捜索を開始したようでした。するとすぐに行方不明の遺留品を発見したそうでした。その発見現場からさらに捜索を進めるとまた遺留品発見に至ったそうです。残念ながら、まだ行方不明者の発見には至っていないようですが、十分捜索に貢献できたようです。明日の捜索の手がかりになったようです。


情報収集から判断した、ハンドラーの捜索の方向性の判断は間違いないと思います。
お手柄だと思います!

私達が目指している捜索に少しずつ近づいている感じです(^^)
お疲れ様でした!
[PR]

by kan-chan1013 | 2010-02-17 21:56 | 出動


<< ヘルパーさん      疲れはとれて、再始動! >>