2010年 03月 17日

チャッキリ、ドッキリ、ギックリ・・・

c0127235_17542694.jpg

あれは~、一昨日だった~・・・(↑のかんなとは関係ありませ~ん)

体格の良い、、、寝たきりの男性患者さん体の向きを変えようと、身なりを整えているその時!、かんなママの腰が「キャッ(>_<)」と悲鳴を上げました・・・。2~3日前から、何とな~く腰に違和感があって、ストレッチやマッサージをしていたものの、やってしまった、、、今回3回目。

幸い軽傷のようで、骨盤ベルトを装着すれば普通に仕事ができるし、運転もできるし、生活に支障はないけど、やっぱり看護(介護)は男性の仕事(力仕事)だな~と思うのです。それに、職場の同僚の約半分は定年退職前の年代で、妊婦さんもいる。いつもギリギリの人数で業務をこなし、誰か休めば、もう職場は戦場のようです。定年退職者はこれから毎年のようにあるけど、新採用が全くなく、これからどうなるの?か不安で、仕事のモチベーションが上がらない理由の一つ。

仕事へのモチベーションが上がらない理由は他にもあって、それらを会議や個人面談で訴えても通らず、「病院側の判断に任せてみれば、少しは気分も落ち着き、爽快に仕事にうち込められるのではないかな~」と言われました。確かにそうだとも思いますが、結局は下っ端の意見は通らず、それに病院側に対する看護部の力は弱いんだな~と感じました。

「キャッ(>_<)」と悲鳴を上げたかんなママの腰は、ラッキーなことに悪くなっていません。でも、骨盤ベルトと湿布で騙して仕事をしている状態です。初めて腰を痛めた時に、「立ち仕事をしていても、できれば週2~3回は、3キロほど走ると良いんだけどね。大腿筋を鍛えて、腰をカバーするようにした方が良いよ。」と教えてもらい、しばらくは実行していました。確かにそうでしたが、、、ここ数年、解っちゃいるけど~、、、走っていません(^_^;)

いかんな~。。。

あっ、骨盤ベルトを装着してでもやるよ、アキ!(走れるしっ!)
[PR]

by kan-chan1013 | 2010-03-17 17:48 | その他のつぶやき


<< 暑いし、日差しは強いし、ダニつ...      あと一週間 >>