かんなと共に…

kurorabu.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 20日

H22年度認定審査会

c0127235_8364053.jpg

今日、明日21日は「九州救助犬協会」の認定審査会が行われ、かんなママ&アキペアは、今日、審査を受けてきました。結果から言うと、、、って、聞いたわけではありませんが~、服従・瓦礫捜索・平地捜索それぞれクリアーでき、目標の「2年間認定」を頂けると思います。(というか下さい!来年は息子の大学受験で審査を受けれるか分かりませんの)

服従・・・
相変わらずキョロキョロ、地面クンクン、脚側を離れる、正面停座アレレ(汗)・・・
フゥ~~~、細々とした欠点を上げれば切りがない(-_-)
ホームグランドで何故出来ないのだろう、、、スタートラインに立つまで、アキの場合どうしたら良いんだろう?服従って難しいです。。。

瓦礫捜索・・・ヘルパー2名発見。
見違えるような、勢いのある動き(^^) ママはそれを見たかったのよ~、、、って、感心していた矢先、最後の告知が遅い・・・。でもね、昨年までは吠えること(声が出にくい)が出来なかったことを思えば、そこは成長したかなと。(オイオ~イ、1年かかってるし・・・)

平地捜索・・・ヘルパー2名発見。
広い審査会場でも、風が強いために必ず2名のヘルパーの臭いが重なる所があって、その臭い(重なっている場所)の、犬の反応と行動はそれぞれ。遠くのヘルパーの臭いを強く感じた犬はそちらを先に捜索しても、それは間違いではない。でもね、遠くの臭いも感じつつ、走りながら「おっ!こっちの臭いが濃いじゃん!ヘルパー近いじゃん!」って、急ブレーキをかけて藪の中に突っ込む姿勢というか、執着というか、そういう行動は大切だと思うんです。
地面クンクンetc(言い出したら切りがない)・・・があろうが、その行動↑が出た、見れたことは、アキを認めて、大いに褒めてあげたいところでした。気分屋のアキで、何やっているのか理解できず、何度かペアを解消したいと考えたことがあっても、時々、とびっきりの行動を見せてくれるので、いつかは!と信じて諦められないのです。
あっ、ハンドラーミスで減点もされたっけ(汗)

審査会が終わって、それぞれのハンドラーに結果が出ました。
でも、結果(合格、または不合格)はそれぞれのハンドラーのスタートラインです。
このスタートラインからどう進もうか?枝葉をつけようか?はたまた現場でどうありたいか?
かんなママとアキは現場でどんなペアを目指そうか。。。
[PR]

by kan-chan1013 | 2010-03-20 21:46 | 訓練


<< 表彰(連携)      暑いし、日差しは強いし、ダニつ... >>