かんなと共に…

kurorabu.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 31日

もっと話をしなきゃ

c0127235_2202119.jpg

アキとの、夏の山での捜索訓練は、今年3回目になりました。
1回目よりも、やっと捜索らしい「形」になってきた、、、かな^^;

今回も、道路横に流れる川を渡った山の、5㍍登って座っているヘルパーを捜す。

マーキングは3回ほどするものの、集中はしているようで、動きに切れがあった。
「おっ!今日は期待に応えてくれるか!?」と、思いは高鳴る。。。
ヘルパー設置から50分ほど経過していただろうか、、、
ヘルパーが隠れている山の、道路を挟んだ反対側の山へも入り確認している。
こっちじゃない!と解ったようで引き返してきた。
「珍しい、良く動いている、、、♪」

ヘルパー位置よりも下流で、確信したようで、川へ下りていきました。
そこまでは良かった、、、そこからが私とアキの息が合っていないところ。。。

川へ入ったものの、高鼻を使っているのに、、、足が止まった。(えっ?)
つぶらな瞳で私を見ていた。(えっ?、、、ブッ、かわゆい♪)
「何処?」「サーチ!」と声はかけたが、足は動かず、そのうち石遊びが始まってしまった・・・。
こりゃ~いかんと思い、呼び込み、川縁を進ませました。
アキ、走るので、諦めてはいないことが分かりました。
また川へ下ろすと、、、つぶらな瞳で見つめ、、、石遊び・・・。(あれ?)
また呼び込み、ヘルパー位置近くまで川縁を進ませましたが、川を渡れない・・・。(はっ?)
最後はヘルパーさんに呼び込んでもらい発見告知でした。(ブーブー!)


川は昨日までの雨でかなり増水していました。
・・・が、訓練前にメチャメチャ遊んでいました。
「さっきまでその増水した川で遊んでいたのに、何で今渡れないの?」(不審議案成立)

訓練が終わった後、そこばかりが気になっていました。
でも、その前に、アキは、ちゃんとシグナルを出していました。

足を止め、私を見つめ、石で遊んでしまうのは、「どうすれば良いのか分からなかったから」でしょう。

呼び込んで進ませてはいますが、石で遊ぶ(石に意識がいってしまう)前に、もっと早く行動していれば、きっと結果は違っていただろう。
それに、石で遊びだしてから、私、その行為を叱っていなかったわ。。。

もっとアキの話を聴いてあげなきゃ、息は合わないね。
[PR]

by kan-chan1013 | 2010-07-31 22:54 | アキとの訓練


<< 久しぶりに動画を撮ってみた      予想外のことも >>