2010年 08月 30日

川を上る

c0127235_18401187.jpg


川に行くと遊び♪、と思うアキ・・・
マタイ?ボールかな~♪、投げてくれるんでしょっ♪、と期待するアキ・・・
投げてくれないんなら、、、石遊びしちゃお~っと♪、のアキ・・・
捜索訓練中、石を投げて前に進ませようとすると、、、その石に集中してしまう・・・

・・・ど~~~~にかしなきゃっ-_-

ヘルパーさんは、150㍍上流の川の中に隠れています。
アキと一緒に川を上って行くわけですが、、、
スタート地点ですでに石遊び状態・・・
人が来れば、「石を投げてくれるの♪」って期待大で待っているし・・・
さすがに鈴を付けている=何なのか、理解はしていたようで、、、スタート。


c0127235_2011501.jpg


自分の足下にも注意しながら進みます^^;
私から離れずアキも進みます。
かんなと違うのは、ちょっと深い所を泳がないこと。アキは岸を歩いていきました。

安心は出来ません!
道路からは追従用の車のエンジン音が常に聞こえています。
・・・昨年までのアキなら、すぐ車に逃げ込んでいましたので^^;
成長したのか?集中していたのか?杖(叩いたり、突いたりするものではな~い)を持っている私が側にいたからか?車に逃げ込むことはありませんでした。

「アキならどれくらい下流からヘルパー臭をとれるだろう?」
それも考えながら進みます。

c0127235_20303878.jpg


半分進んだくらいに、アキが私より先に進み出し離れて行きました。
一度私の方を振り返ったので、一言コマンドをかけると、後は後ろを振り返らずヘルパーさんまで一気に進みました。


水遊びとの区別をつけさせる為に、と考えて行った訓練で、150㍍くらいを上って行くだけの単調なもので、そんなことしなくても、と思われてしまうかもしれません。でも捜索現場に行くと、川や沢は必ずチェック場所となり、こうやって川を捜索することもあります。

昨年7月、豪雨災害被災地の防府市で、アキと一緒に川の中を捜索しました。
その時よりもアキは上手くなっています。
私も、その時よりもアキを理解してあげていると思います^^
[PR]

by kan-chan1013 | 2010-08-30 18:54 | アキとの訓練


<< 夏の終わりを感じるよ~な      「自分」をもつ >>