かんなと共に…

kurorabu.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 10日

諦めずに続ける、ということ

c0127235_9381622.jpg


2年3ヶ月前に、警察犬競技である「足跡追及」を教えて頂きたい、と私から先生にお願いしました。
アキ2歳9ヶ月、私○○歳(これは余談・・・)。
足跡追及訓練をなさっている方々に、「その年齢は遅い!」「もっと早くから始めなきゃ!」と言われそうですが^^;
それまで救助犬の訓練をやっても、どうしても上手くいかないことが続き、ふと見ると、母犬や姉妹犬の足跡追及訓練をする姿や競技会などで活躍し好成績を出す姿はあこがれでもありました。そんな母犬や姉妹犬と同じ「鼻」を持っていながら、アキが足跡追及訓練をしない、させていないことにもったいなさを感じ、また、新しい訓練をプラスすることで、鼻使いは違うとしても、訓練を通して、救助犬の訓練の向上が期待出来るのではないか!?(こっちを強く希望)、と、お願いしたという訳です。。
足跡追及訓練を始めても、その目的は「救助犬の訓練の向上」だったので、特に競技会を目指していた訳でもありませんでしたが(競技会に興味なし)、訓練4ヶ月目に入った時に丁度競技会があり、せっかくなら出てみようと出たら、、、思った以上に良くできたから、さ~大変^^;


「トントン拍子にきっと上達し、母犬や姉妹犬と同じレベルになって、好成績を出してくれるに違いない!!」
そう思っていましたが、、、甘かった、、、そこから長かった。。
何度アキを理解できない状態になったことか。何度止めてしまおうかと悩んだことか^^;
どうやったら!?と、私以上に訓練を教えて下さっている先生は悩んだでしょう^^;


「良い鼻を持っているんだから、絶対上手くいく!」
私が訓練を諦めなかった理由はそれだけでした。
でも、ただ信じていただけでは伝わらないし、自分も変わらなければアキも変わらないので、努力はしました。

「訓練を始めて2年間は我慢しろ」
アキの父ちゃん犬の繁殖者さんからそう言われ、それを信じて頑張ってみました。



やっと先日、目標であった完追が出来て、おまけのグループ入りも出来ました。
2年3ヶ月かかりました。
それぞれの犬の性格・年齢や性能が違うので、それは長かったのかそれとも早かったのか私には判断できませんが、悩んだり(奈落の底に落ちるくらい)落ち込んだりしたこと、あ~でもないこ~でもないと訓練してきたことが全て財産となりました。「やはり諦めず続けていくことだ」と、先生も改めて感じられたようで、私にもその言葉を贈られました。

でも、諦めなかった理由、続けられた理由の一番は、アキが可愛いからなんですけどね^^


さて、目標が達成できたからとウカウカしていられません。
次の「目標」があります。
それに、やっとスタートラインに立てただけです。
次がど~なるか予測不能ですし、、、まっ、それくらいのレベルですから、私とアキは^^;

繰り返し、最初から、丁寧に、続けていきましょう^^



カレン フォム ネーベルドルフ (呼び名:アキ) 2006年10月1日生
「秋の実りのように、この仔にも沢山の実りが与えられますように」と思いを込めて「アキ」。
やっと一つ実りを与えられたかな^^
若い頃に、簡単に諦めてしまっていたようなことを、今、犬に教えられています。
[PR]

by kan-chan1013 | 2011-11-10 11:11 | アキとの訓練


<< 取材      祝! >>