かんなと共に…

kurorabu.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 15日

PD山口(山陽訓練競技会)

アキと競技会参戦でした。
九州以外の地方競技会参戦は初めて、ドキドキ・・・。
でも今回は、このブログでず~っと前から仲良くしてもらっているアリ姐さんも一緒^^

ここ一年、良いとこ無しの私達ペア。
頑張ってはいるものの、何処か歯車が合わない。
PD山口に向けて、それなりに準備はしてきたので、やってきたことの確認をしてたい。


c0127235_16321890.jpg


↑、1部追及コース。
日頃練習していることばかりのコース。
しかし、ピン20ポン、240歩程のけして長くない凝縮されたコース。
第一物品あたりの中盤は、昨年秋のPD宮﨑コースを思い出させる。。
ポイントと思ったのは、第一コーナーを上手く曲がれるか、、、前方からの風で最終物品を取るのでは!?
そして、第二コーナー、、、目の前に後半コースのピン!思ったより近すぎる!そっちへ行くかも!?

審査員はK先生。
「おっ、ここ(山口)まで来たね」と声を掛けて下さりましたが、いつも撃沈追及ばかり見て頂き、今日は完追して講評をして頂きたい!気持ち一杯な私、でしたが、スタート前に立った時のアキは、私の声が聞こえていませんでした。聞こうとしません。待機中何かが悪かったとか、順番が悪かったとか、そんなことは関係なかったと思います。

「ちゃんとよ!」と声を掛けてスタートさせ、最初の右折で上半身ほど前に出ましたが、線をとらえ進みました。でもその後ろ姿から覇気が感じられません。あんなに練習した左折、止まることが出来ずに最終物品の臭いを取りそちらへ進み、「これ、あったけど・・・」と、振り返って私の顔を見ました。「お前は賢いな-」とK先生に笑われて終了。「良かったら途中のコースをやってみて」とK先生に促され、半円前から第一物品のコースをやってみましたがやはり覇気がない。作業意識がない。物品を抑えさせた後、やっといつものアキに戻ってボールをせがむ。


精一杯二人で頑張って来たつもり、つもりになっていたことに気がつきました。
気がついた、というより、以前より気がついていて、今回はっきりした感じでした。
訓練のど~のこ~の、というより、自分達ペアの信頼関係から見直さないと。
どれくらいかかるか分からないけど、やらなきゃいけない。
[PR]

by kan-chan1013 | 2013-04-15 17:11 | アキとの訓練


<< ファースト・オピニオン      ポカポカ陽気 >>