2013年 08月 07日

山口県萩市での行方不明者捜索

山口県萩市須佐で、濁流に流され行方が分からなくなっていると思われる福岡県の60代の男性の捜索に出動しました。災害発生(行方不明となって)から9日目でした。この日は巡視船なども出て沖の方まで捜索が行われました。


c0127235_1403617.jpg

行方不明となっている男性の車が発見された場所です。
道路は既に綺麗になっていますが、左側の建物付近にはまだドロドロの土砂が貯まっています。
前方奥には軽自動車が止まっている様にも見えますが、激しく押し流されて、打ち上げられたような状態でした。


c0127235_14143429.jpg

町の中を流れ、須佐湾へと流れている須佐川です。
前方奥に鉄橋があります。その奥にはつぶれた家とメチャメチャになって倒れたコンクリートの塀がありました。
凄い力でつぶされたことが分かり、恐ろしいです。
手前の両サイドの家々の被害も酷く、大型重機が入って片付けが進んでいましたが、今だ断水状態でした。

c0127235_14295646.jpg

自然の力は恐ろしい。

c0127235_14313914.jpg

須佐湾です。イカで有名な港町で、とても綺麗な海でした。
潮の流れを予想し、少し離れた入り江も捜索範囲でした。

c0127235_14335940.jpg

今回はかんなと出動しました。
シニア犬のかんなのこと。無理はさせられないし、猛暑対策もしっかりしなきゃいけないと考えて対策はとってきましたが、いたって本犬は元気だったのでホットしました。

c0127235_1441921.jpg

捜索の合間に汚れた身体を持って来た水で洗い流します。


午前7時半過ぎから11時半頃までと、午後1時過ぎから3時半過ぎ頃まで捜索しましたが、行方不明者の発見には至りませんでした。町の中を見ても断水状態が続くことを聞いても、以前の美しい港町に復活するのは随分な時間がかかるだろうと思います。
ですが、町の人達は、捜索する私達に明るく労いの言葉をかけてこられ、とても暖かく感じました。町には多くのボランテイアが入って片付けの手伝いをされていました。それに隣町の温泉施設は復興支援として無料で入ることが出来ました。道の駅で昼ご飯を食べた時もご飯や味噌汁、漬け物類は沢山提供されていました。みんなで復興を支えていることが見て感じられました。
元の綺麗な港町に一日も早く戻れますようにと願います。
[PR]

by kan-chan1013 | 2013-08-07 15:02 | 出動


<< 夏が終わります      土用は過ぎましたが >>