かんなと共に…

kurorabu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 11日

中学生の職場見学

c0127235_2191535.jpg
山での捜索訓練で、ヘルパーを発見し、戻ってきたかんな。褒めてあげる。決してオーバーに褒めるのではなく、ゆっくり、落ち着いた口調で、撫でながら。。。

…って、落ち着いていられないのはかんな。。。

「ぉ母さ~ん、帰ってきたら、かんな、荒れていたよ~」
「…!」
大体検討はついた。私が今朝、かんなのオシッコシートを交換しようと、かんなハウスに行くと、オシッコシートが乱れていた。食いちぎられていたから。たま~にするのよね<(_ _)>「ああ~、ストレス貯まってきたんだ」と、、、。ここんとこ3日間くらい、庭先でちょこっと「なんちゃって服従」しかやっていなかったしね^^;それに暗くなるのが早くなって、仕事から帰宅しても、なんやかんやと忙しくしているうちに、散歩に行けず、、、という感じだったしね^^;
ゴメンよ~ん、かんなさん^^;






c0127235_21304274.jpg



教職場に、中学2年生が3人が職場体験にやって来た。3日間の予定(^^)女の子2名、男の子1名、、、かわい~(^^)ので、ちょっかい出したくなる、、、オホホ~~~。
患者さんの昼食時間に、何か体験してもらうことはないかな?と考えて、患者さんの側でお話しをしてもらったり、お茶をついで回ってもらったり、配膳してもらったり、、、。
ラッキーなことに、患者さんの昼食が一人分余っていたので、「これは90歳の方が食べている食事よ」と説明し、実際に食べてもらった。「うちの味付けとあまり変わらない…」「薄い塩味のような…」「ご飯が軟らかい…」、、、と、感想を言ってくれた。
次はゼリー状にした「お茶」と「ポカリスエット」を食べてもらった。「ゼリー状にしたお茶」は不評だった。これは、ストレートで水分を取れない(えん下が上手くできない)患者さん達が飲んでいる物だと説明した。キョトン、、、とした表情だった。
せっかく「体験学習」に来たのだから体験して欲しい!と思った。自分たちが家庭で食べている物とどう違うのか?同じなのか?どんなことに私達が工夫しているのか?感じて欲しい。何か新しく発見して欲しい。
我が家の息子も、昨年職場体験をしているけど、何か発見できたのかな~?
[PR]

by kan-chan1013 | 2007-09-11 21:56 | 仕事・つぶやき


<< なんちゃって服従      チャレンジは続く >>