かんなと共に…

kurorabu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 27日

ドクターヘリ導入への動き

c0127235_1343063.jpg
  ◎熊本防災ヘリ「ひばり」(H19.9.2、熊本県防災訓練にて◎

仕事中、患者さんのテレビに釘付け。。。(注:仕事は手を抜いていません)
ニュースの内容は、先週23日に某大学病院にて、ドクターヘリ導入への検討会(かな?)があって、実際にドクターヘリでデモストレーションが行われたようだった。

真っ白なドクターヘリ。一機数億円。その維持費も相当な金額。
仮にヘリをリースにすると、それなりになるが、、、国と県が半分ずつ負担したとしても、県の財政的には、導入はかなり厳しと。。。

県は、H13年に防災ヘリ「ひばり」を導入した。(かんなママのリンク集の「九州救助犬協会」から「ひばり」の活躍は見れます)
現在、年間200件以上のミッションの8割以上が救急運送となっているようで、実際、「ひばり」だけでは対応できないこともあっているそうだ。(ニュースで隊長さんが仰っていたけど)


都会とは違い、高度医療や医師不足に悩むへき地には、このような防災ヘリやドクターヘリの存在はとても大切だと思う。
「ひばり」の運行内容を見ても、天草や山間部から重症患者さんや妊婦さんの運送が大半を占めている。
財政面の問題もあると思うが、はたしてそれで片づけて良い問題なのだろうか?

かんなママには、「ひばり」を通じて知り合った方が居る。
遠い新潟県のホスピスで働きながら、ドクターヘリの勉強をされている(ヘリに乗る看護師の勉強)女性と、阿蘇で活躍されている山岳救助隊の隊長さん(隊長さんは「ひばり」が導入された年の隊員さん)。

来週、新潟県からその女性、まさこさんが熊本にいらっしゃる。
沢山お話ししたいことがある。とても楽しみに待っている。
1年4ヶ月ぶり(?)の再会(^^)早く来週にな~れ~♪
[PR]

by kan-chan1013 | 2008-02-27 02:18 | その他のつぶやき


<< 結果と決断と・・・      「学校に行くのもあと10日ほど... >>