2008年 09月 10日

どうなる?(判断、明日表明)

c0127235_1643368.jpg
       ◎大好きな水遊び!でも本流ではさせません◎

我が家と義両親宅は一級河川の側にある。
そして、5~6キロ上流の方にダムがある。

14年ほど前まで、毎年の梅雨と台風の時期になると、義両親宅(その周辺一帯の家々)は床上浸水し、大変な目に遭っていた。
この状況は、主人が産まれる前から繰り返されていた事で、主人の弟が産まれる月にも大水害となり、臨月だった義母さんは大変だったそうだ。
2階建てだった自宅は、毎年のように浸水するので、リフト付きの3階建てにしたそうだ。
○十字から配給された、沢山のタオルケットや非常用品があったのを覚えている。

住民が言うには、「○○ダムが出来てからこぎゃんだもんね~」。
その○○ダムに関しても大きく揺らいでいる。


一方、1966年に始まったある地域の○○○ダム建設に対して、明日、本県の知事が賛否を明らかにする。
最近はそれを取り上げるニュースが多い。
先日は、去年、自宅が床上浸水となった方にスポットを当てていた。
その方は、「水害になった時には本当にどうしようかと思ったが、だからといって○○○ダム建設に賛成とは言えない。なぜなら、上流の方にある○○ダムが出来てからこぎゃん被害が出るようになったからです。新しいダムは要りません。私が子供の頃にはこんな被害は無かったんです。○○ダムが無かったから。」と。

私の耳にしたことのあるような言葉だった。
[PR]

by kan-chan1013 | 2008-09-10 17:14 | その他のつぶやき


<< 文化?ん、芸術の秋かぁ~      ドクターヘリ導入への動き② >>