2008年 09月 28日

九重連山「三俣山」へ

c0127235_22171524.jpg


家族で、九重連山の一つである「三俣山」登山へ(^^)
「九重の三俣山って山に行ってみたい!」との主人の希望で決定。息子も「行く!」というので、一年ぶりの家族での登山となった。

出発登山口である「長者原」に近づくと、1700m程の三俣山が見えてきた。
かんなママ: 「ほら~、あれよ~、あの山~♪」
かんな: 「きゃ~♪早く降ろして~!」と言わんばかりの騒がしさ。

が、我が家の男どもは、、、
「はあ~!?☆▽×○★×◆□◇△!!」

・・・要するに、疲れるからやめようと言う。
・・・キッパリ、サッパリ、却下。

c0127235_22201790.jpg
         ◎登山途中、長者原方面を眺める◎

午前11時登山開始(少し遅くなってしまった)。
日差しはあまりなく、風はどちらかというと冷たい。かんなの負担にならない天候かな。
コンクリートで整備された道路を歩き、「硫黄山」方面の道を進まず、「すがもり越」方面へ進む(男どもが最短コースを行きたいと言うので)。40分くらい登った頃だろうか、再び道は合流。

正午、「硫黄山」から流れてくる硫黄の臭い(懐かしい六十Oハップの臭い)を嗅ぎながら、休憩&おにぎりタイムとした。
c0127235_21482264.jpg
     ◎「すきあらば、いただきまっせ~」byかんな◎

12時15分頃、再び登山開始。
下山してくる人もチラホラ、、、おっと!ワンコ!ビーグルだ~!
主人が随分パワーダウンしている、、、下山してくる人に「まだたくさんあるんでしょう?」と訳の分からないことを尋ねている(-_-;) 息子も「まだか~、、、あんなに遠いよ~」の連呼(-_-;) 元気なのは、かんなママ&かんなの女子組。
しばらく登ると「すがもり小屋」という所に到着。ここまでくればもう一息(そのもう一息が更に辛い登りになる)。この小屋は、昔、避難所だったようだ。今は休憩所のような感じになっていた。大きな鐘が吊してあって、霧が出て視界が悪くなった時に、鐘を鳴らして登山者に場所を知らせる役割をしているそうな。みんな、ここに来た記念に鐘を鳴らしていたよ^^;

c0127235_2213249.jpg


さあ~、最後の踏ん張り~(^^)

明日へ続く・・・。
[PR]

by kan-chan1013 | 2008-09-28 22:23 | 犬との遊び


<< 九州連山「三俣山」へ(その2)      文化?ん、芸術の秋かぁ~ >>