かんなと共に…

kurorabu.exblog.jp
ブログトップ

2008年 06月 19日 ( 1 )


2008年 06月 19日

最高の言葉

「言葉にならないくらい感謝しています」
「最後はここで迎えられて、本当に良かったと思います」

早朝、一人の患者さんを見送った。
上の言葉は、その患者さんの家族から頂いたもので、そう言われたかんなママにとって、または、まだ出勤していないスタッフ全員にとって、最高の言葉。
最後は安らかに、静かに、、、家族に見守られながら、、、そう思い、最後の時の為に眠い頭をフル回転させ、、、当直医師に連絡し、家族の側に付き添い、、、冷静な態度をとっていても、やはり最後の時はドキドキするもの。
でも、家族から最高の言葉を頂いて、一変に肩の力が抜けた。

c0127235_18341989.jpg一昔前までは、「恐れ多くも病院側には何も言えない、お世話になっているんだから」状態だった医療現場(少なくともかなママの職場では)。
でも今は、患者さんはもちろん、その家族も自由に言える雰囲気へと変わって、そのこと自体大変良いことだと思う。その反面、それ以上に干渉してくる方々もいて、驚き、落胆する時もしばしば。。。(かんなママ、患者さんを「患者様」と呼ぶのは好きじゃない~)
煩雑な業務をこなしながら、仕事が終わる時間には精神面も疲れはて、帰宅したら「何もしたくない症候群」に陥ることもしばしば。。。

でも最高の言葉を頂く時もあるのよ。。。
援助してきた側は最高の気持ち、、、また頑張れるのよ。。。
[PR]

by kan-chan1013 | 2008-06-19 18:42 | 仕事・つぶやき