カテゴリ:仕事・つぶやき( 34 )


2007年 09月 11日

中学生の職場見学

c0127235_2191535.jpg
山での捜索訓練で、ヘルパーを発見し、戻ってきたかんな。褒めてあげる。決してオーバーに褒めるのではなく、ゆっくり、落ち着いた口調で、撫でながら。。。

…って、落ち着いていられないのはかんな。。。

「ぉ母さ~ん、帰ってきたら、かんな、荒れていたよ~」
「…!」
大体検討はついた。私が今朝、かんなのオシッコシートを交換しようと、かんなハウスに行くと、オシッコシートが乱れていた。食いちぎられていたから。たま~にするのよね<(_ _)>「ああ~、ストレス貯まってきたんだ」と、、、。ここんとこ3日間くらい、庭先でちょこっと「なんちゃって服従」しかやっていなかったしね^^;それに暗くなるのが早くなって、仕事から帰宅しても、なんやかんやと忙しくしているうちに、散歩に行けず、、、という感じだったしね^^;
ゴメンよ~ん、かんなさん^^;

More
[PR]

by kan-chan1013 | 2007-09-11 21:56 | 仕事・つぶやき
2007年 09月 10日

チャレンジは続く

c0127235_20482369.jpg

県防災訓練に参加していた「県防災消防航空隊・ひばり」。「ひばり」のエンジン音は、他機種の物とは違い(という話を聞いた)、『バリバリバリ…』、、、?というか、表現しにくいけれど、、、とにかく違うので、音を聞いただけで解る(^^)この時も、「あれは何だ?鳥か?飛行機か!?いや防災ヘリひばりだ!!」、、、^^;私くらいの年代だと解るギャグ(?)、、、とにかく、空に注目。下手な写真だけど、雲の間から朝日が出て、その間を飛んでいるひばりが良いっ(^^)
んで、今日書きたいことと「ひばり」とは、全く関係ないのだけどね、、、。

入院している患者さんで、地元では有名な中華料理店を営んでいるオーナーさんがいる。お店自体は息子さんに代替わりしているものの、社会復帰(職場復帰)を目指し現在リハビリ中(調理訓練)である。リハビリでは、包丁を使い野菜などを切り、自分の身体機能の状況を把握・確認し、機能改善を目指し訓練を続けていくのだが、この患者さんはその機能面は特に問題はなかった。
でも患者さんは、オーナーさんであり、プロだ。「機能面は問題なかった」、、、ではいけないのだ。「病気で衰えてた味覚を取り戻すこと」、ただ「包丁で切るのではなく、調理法に合わせて細かく切ること」、、、そして、自分で味付けをし、完成させた品は、息子さんに味チェックをしてもらう。なるほどな~と思った。療法士に言われたからではなく、全て自分で考えて行動しているようだ。、、、感心した。
もう一つ感心したのは、患者さんは持病があって、糖分・カロリーを控えなければならない。なので、調理訓練でも控えなければならないが、患者さんはあえて砂糖を使って料理をせず、塩、酢を上手に使い、食材そのものの甘さを引き立てて、それは美味しい酢の物や炒め物を料理している。また、今までチャレンジしたことのなかった(これは食べれないだろうと、自分自身が否定していた)、トマトを使った炒め物やスープを作っていた。もちろんスープの素や胡椒は使わず、これも塩だけ、、、。美味しかった!(すぐ我が家の夕ご飯の一品になった…)

病気だから、、、とか、これが使えないから、、、などとマイナスに考えることなく、「じゃ~こうしてみようか?」と、チェレンジしていく姿・考え方に感心してしまう。
こんな風に「教えられること」が多い、私の仕事。。。きつい、きつい!と言いながらも、辞めない、辞めれない理由はこんなことにある。
この前、餃子を作ってくれて、スタッフや他の入院患者さんにもお裾分けがあった、、、そうだ。残念!無念!!夜勤明けで食べていない(T_T)…次は何を作ってくれるかな~?
[PR]

by kan-chan1013 | 2007-09-10 21:35 | 仕事・つぶやき
2007年 09月 08日

病棟異動が決まった…

c0127235_10554068.jpg

お腹がチクチク、、、そしてパンパンに張って、トドのようにゴロゴロして、動くたびに痛たたたたぁ~(ケンシロウではない…)と言っていた時、電話がなった!条件反射で「出動か!?」な~んて思って^^;すっ飛んで電話に出たら、職場の病棟師長だった。「勤務交代よ~」、、、最初、誰か用事が出来て、私の明日の休みと交代して欲しいのかな?その電話内容なのかな?と思っていたけど、ど~も、、、師長の口調からして、とうとう恐れていた(大げさな!)病棟の勤務交代なんだ!!と悟った(相変わらず、、、鈍感…)
新勤務先は半年前までいた病棟、、、医療病棟へ異動、、、。もう少し、、、後2年くらいは回復期リハビリ病棟で勉強したかったけど、、、自分の希望通りとはいかず、、、上の命令となればしょうがない…。
今日は職場の院内研究発表会。年に一回行われ、今年は私もその研究メンバーだった。なので、もし職場異動があるとすれば、この院内研究発表会が終わった後だろうとは思っていた。なので「恐れていた」と書いたけど、「やっぱりねっ」て、冷静に受け止めることが出来ている。
でも、、、今の病棟の方が、仕事のやり甲斐があるんだけどなぁ~、、、あっ、こんな事言ってはいけませんね…。

回復期リハビリ病棟では、色んな事を学んだ。毎日が時間に追われることがなく、自宅で生活しているように時間が流れているので、患者とスタッフ共にゆとりがあり、いつも患者の側にいた。患者はどう思っているの?どうしたいの?といつも考え、やっとそれらしい患者のプランが出来るように(そうか?…)なってきた。けれどいつも良いことだけではなく、時には患者、または家族と上手くいかない時もあり悩んだ事もあった。振り返ってみれば、「よく話を聴くこと」「コミュニケーションのとり方」という基本的な事を学び、自分自身も落ち着いた対応が随分出来るようになった(なったかな?…)と思う。そこんところは病棟を異動しても同じく続けていこう!出来ると思う!
後残り3週間ほど、頑張ろうかね~(^^)


PS:言わなくてもいいことなんだけど、、、今朝の○ンピーはまだ○○色^^;いつ元通りになるんだろう?お腹の張りはもう無くなった、、、○ナラ、もう出ないしねっ(^-^)なので、昨日飲めなかった「お祝いキリンさん」…やっぱ「秋味」かな!…と、買ってきてくれたケーキは、今日いた~だきま~す♪
[PR]

by kan-chan1013 | 2007-09-08 11:44 | 仕事・つぶやき
2007年 08月 04日

何故だか解らないけど

先日通過していった台風5号。
職場はどうだったろうか?風をもろに受ける病棟の作りなので心配していたが、特に被害もなかったようす。。。でも準夜勤、深夜勤のスタッフや病棟師長の患者さんに対する気遣いは大変だったろう。。。
というのも、私は台風が九州に上陸する前の晩に夜勤をしたのだが、ど~も患者さんに落ち着きがなかった!一晩中「何か」が起こっていた…。一時間に一回の巡視、何か物音がしたらすぐ巡視…。それでも起こる時は起こる…。そして朝になると何事も無かったかのように、みんな美味しそうに朝食を食べていた。…「何だったの?」と、ぐったりして家路についたからだ。
c0127235_19525523.jpg

前回の台風4号の時も、患者さん達は落ち着かなかったそうだ。テレビで台風情報を知る事ができるし、スタッフとの会話の中できっと「今日は台風の来るばい!」と言っているからかもしれない…。けれど、台風が来るからと日が明るいうちからパジャマに着替え、布団にくるまっていた患者さんも…!。在宅介護に詳しい主任の話では、お年寄りのなかには昔からそんな習慣を持っている方もいるとか…。
動く練習をしている、歩ける患者さんが多い回復期リハビリ病棟だが、高齢者も多く…患者さんそれぞれが習慣も違い…時にはヒヤッとする時も!
とにかく…気を遣う時もあるの。。。
[PR]

by kan-chan1013 | 2007-08-04 20:32 | 仕事・つぶやき