かんなと共に…

kurorabu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:出動( 41 )


2010年 01月 09日

連日出動ができた訳

c0127235_2113280.jpg

先日の、都城市の現場まで、かんなママ家から約3時間かかります。
7日の出動要請があった時、正直どうしようか考えました。

九州救助犬協会は、全くのボランティアで活動し、またその活動を各会員へ強制はしません。
個人の仕事や家庭の事情、都合が悪ければ無理しなくてもいいのです。

仕事は休みで問題なし。
家のことは夫に相談しOK。
でも、現場までの移動(車の運転)を考えると、それだけで疲れるのは目に見えています。
それに車中泊は寒くてちょっと無理。
なので、他の会員、頭数が確保できれば、7日は遠慮しようと思っていました。
が、、、現場から1時間の所に住んでいる友人から、「家に泊まって!!」と連絡があり、だったら翌日の捜索も頑張ってみよう!と思い、友人の言葉に甘えて一泊したのです。

友人宅では、とても良くして頂きました。
すぐにお風呂に入れて貰ったし、暖かなお布団に横になれたし、、、感動したのは、寒くないようにと友人が湯たんぽを入れてくれていたこと。翌朝もちゃんとご飯も用意してくれて(大好きなコーヒーまで♪)。2人の子供達と遊び、ご主人も夜遅くまで付き合ってくれました。笑顔の絶えない素敵な家族です♪パワーを貰ったのはいうまでもありませんね。

かんなママは沢山の方に支えられて活動ができています。
感謝の一言につきません。。。

画像は、友人の長男君がお世話しているワンちゃん。
早起きしてご飯を与えています。 頑張れ~♪
[PR]

by kan-chan1013 | 2010-01-09 21:28 | 出動
2010年 01月 07日

繁華街からの行方不明者捜索

c0127235_215051.jpg

1月3日(日)夜から行方不明となっている70歳男性の捜索依頼があり、1月6日(水)、7日(木)の二日間出動しました。詳細は「こちら」を見て下さい。

↑の画像の通り、現場となったのは繁華街(飲み屋街)でした。
昼間はシャッターが下りている店ばかりですが、車の往来や人の行き来が多く、そして色んな物が落ちているし、色んな臭いがして、犬にとっては難しい現場でした。ハンドラーの私にしても、こんな現場は初めてで、正直なところ、、、分かってはいるものの、何処をどう犬に捜させようか?と、頭をかしげ足が止まることも多々ありました。。。
風は吹いていましたがとても強く、、、これがまた難しい。。。

行方不明者の状況から、どう捜索範囲を判断するか?
犬を有効的に能率良く使うには、どうすればいいのか?

残念な結果での発見となりましたが、また経験をさせて頂いたと思い、今後の捜索活動に繋げていきたいと思います。
[PR]

by kan-chan1013 | 2010-01-07 22:29 | 出動
2009年 12月 14日

敬意と自覚と、そして自信と

c0127235_20401465.jpg

12月4日(金)、某老人ホームより、認知症のある高齢者が行方不明となり、警察などが捜査しましたが発見に至っておらず、12月12日(土)、九州救助犬協会へ捜索依頼がありました。
翌12月13日(日)、救助犬8頭、ハンドラー8名、アシスタント3名にて出動し、捜索を行いました。
捜索の状況は、「九州救助犬協会HP」に報告していますので、そちらをご覧下さい。

かんなママは、この時の陣頭指揮を任されました。
といっても、ハンドラーの皆さんは年上の方ばかり、、、それに経験豊富な方もいらっしゃいます。

先輩方の意見を聞きながら、みんなをまとめ、無駄なく捜索を進めることが出来るのだろうか・・・。
捜索依頼者に失礼の無い振る舞いが出来るだろうか・・・。
指揮をとりながら、自分の捜索をしっかり出来るだろうか・・・。

心配はつきません。
でも先輩方は、かんなママの意見や指示をよく聞いて下さいました。
かんなママは先輩方や仲間に恵まれていると思います。

けしてパーフェクトな陣頭指揮ではありません。
ですが、沢山のことを感じ、良い経験をさせて貰ったと思います。
[PR]

by kan-chan1013 | 2009-12-14 20:47 | 出動
2009年 11月 04日

登山者のルール

c0127235_17112771.jpg
悲しい出来事があった「韓国岳(1700㍍)」は、今、紅葉が見頃でした。
捜索があった日にも、平日にもかかわらず沢山の方が登山したり、写真を撮ったり楽しんでいらっしゃいました。
もちろん、捜索があっていることをご存じで、すれ違った方の中には、「頑張ってね!」「まだ見つからないの?」と声を掛ける方もいらっしゃいました。

私の帽子が風で飛んでしまいました。
それを見ていたある男性が、「あ~、私がとってきますよ」と、ちょっと危ない所に飛んでいった帽子をとって下さいました。
下山途中、靴を脱いでしゃがみ込んでいる男性がいました。靴を脱いで、おかしい、、、どうかしたの!?、、、そう思い、「大丈夫ですか?」と私は声を掛けました。その男性は「大丈夫です」と言い、無事下山されました。

何が言いたいか、、、

韓国岳で行方不明となった男の子の目撃情報が2件ありました。
その目撃情報とは、「子供が一人で(登山道を)歩いていた」、、、でした。

けして、男の子の情報提供された方の悪口を言うのではありません。
その目撃情報があったお陰で捜索が出来て、男の子は発見されているので、とても有り難いことです。
でも、もし男の子に、「何で一人なの?」「危ないから家族の所に行きなさい」「一緒に行ってあげるから」と声を掛けて行動を共にしていれば、、、そう考えると残念でなりません。

c0127235_17371043.jpg
最近の登山ブームによって、初心者の登山者が増えています。
こう書いている私も登山が大好きで、そして初心者です。
登山を始める時に、登山者のルールを教えて貰ったことがあります。
登山道でのすれ違う時の譲り合い、すれ違う時には声を掛ける、物が落ちていたら見つけやすいように置いておくなどで、必ずそれを実行するようにしています。家族と登山をする時、息子にもそのルールを教えました。

初心者って、どうしても自分のことだけに精一杯で、他者のことに気が回らなくなります。
ルールを知らない方もいらっしゃるかも・・・
登山時にとどまらず、基本的なコミュニケーション自体に問題があるのかもしれません。

私も山には入る(捜索する)者として、登山者のルールを守っていきたいと思っています。
[PR]

by kan-chan1013 | 2009-11-04 18:00 | 出動
2009年 11月 03日

韓国岳行方不明者捜索

c0127235_20453278.jpg
韓国岳で発生した行方不明者捜索(11歳男の子)に、九州救助犬協会は、11月1日に引き続き、2日も早朝から出動しました。かんなママ&かんなも2日の捜索には出動しました。 こちらからも現場の様子が分かります。

7時頃、現場対策本部に到着し、7時半頃より捜索を開始しました。
天気は回復していたものの、風が強く、そして寒い!小休憩をとっていると体感気温が下がりゾ~ッとするくらいでしたので、それ相当の準備をしてきて正解でした。

3時間捜索したところで他の仲間と合流し、避難小屋で情報交換をしましたが、救助犬の反応は無し。
時間が経つにつれて、一般の登山者の数も増えてきました。救助隊(捜索隊)の数も千人を超していました。
訓練はしているものの、、、難しい条件下での捜索です。

c0127235_21105112.jpg
お昼になり、再度捜索を中止し休憩をとりました。
捜索時間は4時間を経過していましたが、救助犬の反応はありませんでした。

12時過ぎ、急に雲行きが悪くなり、雷が鳴りました。
天候悪化の可能性もある為、一端下山することにしましたが、その途中、12時40分頃、発見の一報が入りました。

結果が分かっているから言えることだと思いますが、、、
もっと早く、警察や消防団だけでなく、人命救助のプロである消防へ連絡していれば!!
31日の事案発生時に、初動の段階で救助犬要請・導入を判断していただけたら!!

そう思って仕方ありません。。。
お亡くなりになったお子さんのご冥福をお祈りいたします。
[PR]

by kan-chan1013 | 2009-11-03 21:35 | 出動
2009年 11月 01日

韓国岳で行方不明捜索へ


昨日、宮崎県と鹿児島県の県境にある「韓国岳(カラクニダケ・1700㍍)」で、子供が行方不明となりました。
まだ発見にいたっておらず、早朝から捜索が開始されています。
九州救助犬協会も昨夜から情報収集を行っていましたが、、今朝、宮崎県えびの署から正式に出動要請があり、待機していた救助犬5~6頭、ハンドラー6名が捜索に向かいました。

現場となった韓国岳は悪天候の為にガスが発生し、視界が悪い状況となっているようです。
さらにこれから天候は崩れます。行方不明となっている子供の状態が心配です。
警察・消防・消防団と連携をとり、一刻も早く発見出来るよう祈ります!

韓国岳の情報はこちらをどうぞ
[PR]

by kan-chan1013 | 2009-11-01 10:00 | 出動
2009年 10月 17日

東京へ

c0127235_8294673.jpg
かんなママ、一人で東京へ行ってきました。
うう~ん、、、16年ぶりの東京です。
まっ、20年前にも大学受験(落ちたけど・・・)で一人で行けたし、ど~にかなるでしょっ!! 

東京でのお仕事
[PR]

by kan-chan1013 | 2009-10-17 08:14 | 出動
2009年 10月 10日

「人犬一体」にはほど遠く

c0127235_17345581.jpg
昨日は、パーキンソン病を患ったおばあちゃんの捜索を早朝から行いました。
捜索開始から約1時間半後、合同捜索にあたっていた消防団によって、無事に発見されました。
行方不明になってからすぐに通報されていて、前日に捜索されていましたが未発見だったことにより、早くに救助犬の要請をされたこと、救助犬を含め多くの人達が協力して捜索を行ったことが生存発見に至っていると思います。ホントに無事にで良かったです。

ですが、、、
今考えると、「あれはかんなの微反応だったんじゃ!?」と思うところがあります。
結果が分かっている今だから思うことなのですが、どうしてそれを判断できなかったのかが心残りです。

捜索活動は、救助犬だったり、消防隊員、警察官、そして消防団とで作る「チーム」で捜索するものだと思っているので、誰が、どの団体が発見に至ってもそれは嬉しいことだと思います。
それに捜索中の風向きによっても、救助犬は左右されてしまうと思います。

捜索から帰って、「私ってなんて捜索が下手なの!」と落ち込んでしまいました。
でも、「現場は色んなことを教えてくれる」、、、先輩ハンドラーから沢山の経験談を聞いています。
それを思い出し、今回は私も良い経験をまたさせてもらったと思うことにしました。。。
[PR]

by kan-chan1013 | 2009-10-10 18:02 | 出動
2009年 07月 30日

福岡県篠栗町へ出動

c0127235_10372519.jpg
28日夕方、山口県防府市の捜索を終え帰路についた時、救助犬の捜索参加を打診していた福岡県篠栗町より九州救助犬協会に正式依頼があり、そのまま被災地へ向かうことになりました。
町役場の災害対策本部に到着したのが18時過ぎ。簡単な被災地の状況説明を受け、被災地へ向かいました。
被災地に到着したのが19時前。辺りは薄暗く、ヒグラシが鳴き、小雨が降り、サーチライトを照らしながら現場まで歩いて行きましたが、現場までに何ヶ所か小さな崖崩れを目にし、とても怖くなりました。

町長さんに挨拶をし、早速救助犬3頭を投入して捜索を開始しました。大変な状況を目にし、私とアキが入る所ではない、入れないと感じました。無闇に入ったとしても二次災害の危険がありました。経験のあるハンドラーに任せることにしました。

c0127235_10503654.jpg
20分程捜索をした救助犬とハンドラーが帰って来ました。救助犬でも難しく、判断に難儀する状況のようで、更に暗くなった為に二次災害の危険もあり、この日はこれ以上の捜索は中止することにしました。(他機関の捜索は21時まで行われました)翌日も早朝から捜索を開始するということだったので、待機することとなりました。

私は29日は仕事だったので帰宅しました。


翌日29日の状況はこちらを。。。
また今回の活動状況はこちらでもお聞きできます。


現在も福岡県篠栗町の行方不明者はまだ発見に至っていません。
一日も早く発見出来ますようお祈りいたします。
[PR]

by kan-chan1013 | 2009-07-30 11:03 | 出動
2009年 07月 30日

再び、被災地山口へ

c0127235_6285548.jpg
山岳救助訓練が終了し帰路についた時、正式に山口県への出動要請がありました。一度帰宅し、支度を調え、夜に被災地へ向けて出発しました。かんなは出動、訓練と続いていたので、アキと出動することにしました。

再び被災地での捜索
[PR]

by kan-chan1013 | 2009-07-30 07:38 | 出動