カテゴリ:訓練( 131 )


2013年 11月 05日

第9回九州救助犬協会競技大会

11月3日(日)、朝は濃霧、日中は小雨という天候の中、29頭が参加しました。
毎年のように「瓦礫捜索競技」と「平地捜索競技」の2種目で行われました。
我が家は、かんな、アキはもちろんですが、救助犬見習いのベルも参加しました。

一番バッター、、、やはり、かんなで挑戦^^
苦手な瓦礫捜索(倒壊家屋)に集中して走っていったものの、雨で濡れた倒壊家屋は滑りやすく、10歳のかんなには少々酷でした。でもこれまで見たこともないような精神で、多感にチャレンジしていました。
無風の平地捜索。4番目で並ぶこと30分以上。この待ち時間は失敗したな~と思いつつ、かんなを退屈させまいと、疲れない程度にボール遊びをしたり休止させたり。ところが退屈するどころか、元気モリモリでスタート。
これまた「どうした!?」「お前ホントに10歳になった!?」と思うくらいの藪への突っ込み!「あ~、、そのファイト、もう少し若い時に見せてくれれば・・・」と思った私。。
しかし、やはり10歳だった。一人目のヘルパーを2分ちょっとで見つけたのは良かったが、疲れが見え始め、ヘルパー残臭に執着させてしまい、走ってくれるものの、私の後ろを走ってくる(笑)。これじゃ~反応を読めないからと、かんなを前へ走らせようとすれば、「何?どうした?」と私の顔を見上げて止まるし(笑)。時間一杯粘りましたが、二人目のヘルパーは未発見で終了。しかし、審査員の先生から、「良い動きだった」「10歳でもまだまだいける」と褒めて頂き、確かにそうだったと満足でした^^
c0127235_21372444.jpg



お昼過ぎの開会式とみんなでBBQを楽しみ、午後の部の開始。
午後の部一番目に、アキを出してみました。
実は前日の、久しぶりの捜索訓練で私の指示ミスで嫌な雰囲気で終わってしまい、それが気になって早朝3時に目が覚めてしまった私(笑)。お互いの気分転換も兼ねて軽く服従をやって(って、ベロだら~んってなってたから焦ったけど・・・)、静かにスタートを待ちました。「晴れ時々曇り」の性格なアキ(笑)。この日もあまり期待はしていませんでしたが、何がどうしたのか!?瓦礫捜索競技も平地捜索競技もこれまでで一番の出来で、審査委員の先生も「大どんでん返しが起きた~」と大笑いでした(笑)。
なんとな~く、不思議と客観的にアキの捜索する姿を後ろから見ていました。「あっ、反応し始めた」「あっ、これは残臭に反応だな」「!!」って。アキ良く出来ました^^
c0127235_21363665.jpg



最後は見習い犬ベルです。臭いを感じたら猛ダッシュ!なベルです(汗)。まだまだ色んな事をお勉強させたくて、一番最後に出しました。その結果、色んな事をお互いお勉強しました(笑)。瓦礫捜索競技では、やはり足元が滑って踏ん張りが効かなかったけど、多感にチャレンジしていた。いつもよりギャラリーも多かったけど気にせずしっかり集中していた。けど、あんなにお口が軽いのに第一声がなかなか出なかったな~。平地捜索競技では、一人目のヘルパーを発見したのは良かったが、私のハンドリングが悪く(というか、ど~すりゃ~いいのかまだ分からんし~)、3回もその一人目のヘルパーに執着させてしまった。でもさすがに2回目から吠えなくて、ベル、分かったみたい。残臭にも反応し多感に藪へ突っ込んでいたが、それが違う!ということが分かったらしく突っ込まなくなった。ロングリードが絡まって、「や~だ~、も~!」と助けを求めてきた(可愛い♪)が、ちょっと解いてあげると、また猛ダッシュ!(・・・逞しい)。雨で濡れた、しかも無風の平地捜索も始めて経験し、風が無い時の臭いの流れ方をお勉強できたんじゃないかな、と思う。ベルの結果は、時間内に二名のヘルパーを見つけ出すことは出来ましたが、問題・課題は私のハンドリング、ですね。。。
c0127235_21361454.jpg



3頭を出してみて分かること、気がつくことが沢山ありました。ベルとの訓練を始めて、改めてかんなやアキのことがわかることもあります。今回の競技会でもいくつかそれに気づくことがあって、私も大変お勉強になりました^^

c0127235_2143697.jpg

↑の写真は競技後のかんなちゃん^^ 全身びしょ濡れです。
これ以外の写真は練習中のもので、競技会中のものではありません^^;
[PR]

by kan-chan1013 | 2013-11-05 21:51 | 訓練
2013年 08月 31日

緊急消防援助隊との合同訓練

8月21日(水)、福岡市消防局が実施する「緊急援助隊(救助部隊)土砂災害対応訓練」へ、かんなと参加してきました。
福岡市消防局と協会の連携、災害発生時の迅速な対応及び連携、捜索のあり方、捜索技術の向上と指導士の高揚を得て、人命救助を第一義とする意識の高揚を図ることを目的として行われました。


九州救助犬協会ブログ

とても勉強になりました。
このような訓練が今後も続くこと、他県でも浸透し行われることを願います。
[PR]

by kan-chan1013 | 2013-08-31 06:53 | 訓練
2013年 07月 14日

9歳9ヵ月の捜索訓練

週末は連休でした。夏期休暇なんてない私の職場、、、これが事実上の夏休みか。。
二日とも山で訓練して来ましたが、軽い熱中症になるわ、蜂に刺されるわで良いとこなしの私(涙)。
でも訓練の方はとっても充実していました^^v

3年ぶり(!?)に、かんなの訓練動画を撮ってみました^^
・・・これを撮った後、右手を蜂に刺されました(涙)。。


山での訓練(2013/07/14)
[PR]

by kan-chan1013 | 2013-07-14 21:06 | 訓練
2013年 07月 08日

元気に訓練


c0127235_16595932.jpg


久しぶりのエントリー^^ 
元気に、山で走り回っております^^
訓練の後は水遊び!
この日の訓練は時々の雨の中行われ、私もかんなもビショ濡れでした^^;

「相変わらずだな~!(年の割には)」と言われましたが、顎の白髪が確実に増えているし、脚に老いを感じる今日この頃です。後ろ脚、踏ん張りがきかないのでしょう、肉球が片方によれて、固くなっています。ひび割れもあります。よれた反対側にはタコが出きています。フリスビーで遊ぶと、ダッシュした後やジャンプした後に、アイタタ!の時もあります。大したことがないけど^^; 
手術以来、座敷犬となっているかんな。お疲れさんの肉球はクリームでマッサージ中です^^

水量のある、深い川向こうにヘルパーさんは隠れていました。
それはかんなのボデイーランゲージで分かります。
飛び込んで行けば何でもありませんが、かんなはいけません(元もと苦手)。
諦めず、かんななりに行き方を考えますが、上手く解決策を見出せません。
ならば、私が少しお手伝いして、川下へ誘導します。
その後はまた、かんな自身で考えてもらいます。


c0127235_17254933.jpg


そうやって教え教えられやってきたことを思い出しながら、若い後釜と頑張っています^^
[PR]

by kan-chan1013 | 2013-07-08 17:27 | 訓練
2013年 05月 01日

山の中で合同訓練

c0127235_718640.jpg
                                             photo bY OKAHASHI

元気に走り回って一山越えてしまった、かんなです(@_@)
完全なハンドリングミスで、余計なことをさせてしまったけど、しっかり戻って来た(^^;)






c0127235_729819.jpg


追及訓練メインのアキですが、ちゃんと九州救助犬協会の認定犬、この訓練もやっちゃいます。
でも昨年11月以来の走り回る訓練(笑)で、山の中に放たれたアキは「やりたいこと」一杯(-_-;)
大きな身体でも身軽なアキです。
[PR]

by kan-chan1013 | 2013-05-01 07:36 | 訓練
2012年 11月 21日

緊急消防援助隊九州ブロック合同訓練in八代市

c0127235_8465840.jpg

11月18日(日)、毎年行われている「緊急消防援助隊」の合同訓練が地元で行われました。
九州救助犬協会はこの合同訓練に初めて参加しました。私もかんなと参加しました^^
いつも参加している防災訓練とは違い、この訓練は「ブラインド」。主な訓練内容は当日、その時まで非公開です。

私とかんなペアは「埋没車両訓練」に参加しました。「山からの土砂で車両が埋もれている。山の反対側は川となっている。土砂の中にも車両が埋もれている可能性が高い」というような訓練設定でした。

まず訓練は救助犬による捜索から開始。
ペアとなったもう一頭の救助犬とかんなで訓練現場をダブるチェックし、お互いの要救助者反応場所を確認し合い、後方隊の沖縄県隊隊長に報告、隊長より「救助犬は現場待機」の指示があり、そこから沖縄県隊の指揮下に私達は入りました。そこからが私達のブラインド訓練でした(汗)

救助犬の反応があった車両から要救助者が救出されます。
微反応報告をした場所を掘り起こしていくと、埋没車両が確認されました。
さらに別の場所を掘り起こしていくと、2台目、3台目と車両が出てきました。
現場を指揮している隊長から(以下、隊長)、「要救助者が居る可能性がある、慎重に掘っていけ!」の声がかかります。熊本県警機動隊も救出活動に参加し、どんどん掘り起こしていきます。
ドアが開放できた車両から要救助者が救出されると、「残されている要救助者は居ないか、救助犬で確認せよ」の指示があり、私達は車両の中、周り、車の下をチェックし、「反応無し!」「救助犬による反応は見られない!」と報告していきます。「震度6強の地震が発生」という訓練の大きな設定だったので、時々「余震発生!現場を離れて待機!」の指示もあり、救出は難航します。ある程度掘り起こした時点で隊長は救助犬による捜索を指示。私達は掘り起こした土砂部分を捜索。別の埋没車両から要救助者(ダミー)が居ることが分かると、待機していたDMATが処置を開始、救急車で搬送されていきます。要救助者が救出されると、「助手席に要救助者が居る可能性がある」と、隊長の指示で救助犬の捜索。ですが、土砂が多く確認出来ず、私は隊長にそのように報告。隊長はそれを元に「まだ土砂が多く救助犬による確認が出来ない。要救助者の居る可能性はある、慎重に土砂を掘れ!」と指示を出していきます。大型重機の投入もあり土砂を取り除いていきます。ある程度の土砂が取り除かれると、ここも救助犬による確認作業の指示がありチェックします。




c0127235_8442451.jpg


約2時間ほど合同で訓練を行いました。
色んな大きな音や車両がかんなの側を通りましたが、案外平気でした。(ホントは少し心配だった^^;)
訓練は、沖縄県隊体長に訓練終了・退却の指示を出され、私達の訓練も終了しました。

救助犬の捜索方法、報告の仕方、大変勉強になりました。
[PR]

by kan-chan1013 | 2012-11-21 09:33 | 訓練
2012年 10月 23日

バタバタな10月(その2)

c0127235_7585180.jpg


10月、11月は、イベントや防災訓練、競技会がギッシリ(@_@)
最近疲れが抜けきれないな~、これは歳をとったせい!?と感じる私です。。


13日に、かんなちゃん、9歳になりました^^
改めて犬が年を取ることの早さにシミジミ・・・
でも軽やかな走りや、藪への突っ込みをみると、足の衰えも無くて元気いっぱい^^
私なんかの疲れなんて!と改めさせてくれる、かんなちゃんの存在は大!

今の状態を上手くコントロールしてあげたいな。。
まだまだかんなちゃんにはお世話になりたいからね^^
[PR]

by kan-chan1013 | 2012-10-23 08:13 | 訓練
2012年 08月 27日

ベルに伝えていくこと

c0127235_14453027.jpg


山に来ると、目がキラキラです、かんな^^
もう少し、キタ~~~ッ!って、全身からみなぎるものが欲しいな~と思う、かんなの捜索訓練^^;
でも的の絞り方は相変わらず上手いな~と、感心しちゃう。。
ベルもこんな絞り込みの上手い犬になって欲しい^^

かんなと訓練を始めて8年目になりました。
始めてすぐ立てた私達の目標は、「現場で動けるハンドラー&救助犬になりたい」ということ。
けしてイベントや競技会を目指したり、それらに参加する(入賞するとか)ことを一番の目標にするのではなく、あくまでも現場で通用する救助犬を作りたい、現場で活動したい、そんな活動の出来るハンドラーを目指したい、と思ってきました。これからも、かんなからベルにバトンタッチしていっても、その気持ちは変わりません^^


c0127235_1531461.jpg


ただ、、、ど~してもかんなに足らなかったことが・・・。
そんな足らない所をいっぱい可能にしてくれるだろうとベルを迎えたのだから、期待大です。
ゆっくり、丁寧に、訓練を進めていきたいです^^
一緒に訓練することで、また私も色んなことをベルから教えてもらうことになるでしょうね^^

まずは、、、先生にも言われたけど・・・
はちゃめちゃベッちゃんだからといって、怪我しないだろうか?とか、変に心配性にならないように、と(笑)。
[PR]

by kan-chan1013 | 2012-08-27 15:21 | 訓練
2012年 02月 20日

三木市広域防災センターでの瓦礫訓練

c0127235_2174785.jpg

2月18日(土)~19日(日)、兵庫県三木市広域防災センター内瓦礫施設において、
「全日本救助犬団体協議会」の合同訓練が行われ、この協議会に参加している九州救助犬協会からは、
私とかんな(他1頭1名)も訓練に参加してきました。
時々雪が降り、気温も低く、ヘルパー役でコンクリート瓦礫に隠れているとお尻から冷えてしょうがない・・・。
防寒対策準備はしてきたつもりでも、身体が震え、手足の感覚がなくてジンジン・・・。
それでもみんな文句一つ言わず頑張りましたよ!

↑の写真は、狭いくて暗くて、足場が不安定な瓦礫の中で告知している、かんなです。
かんなは、こんな所が大嫌いです!
瓦礫に入ることさえ躊躇します。
足場が悪い!と分かると戻ろうとします。
必死にこれ以上行くまい!と力一杯踏ん張ります(汗)
こうなるとだろうと、私は分かっていました。
それでも「行くこと、進むことに意義あり!」と考え、私が一緒に狭い瓦礫に入り、
声を掛けて、褒めて、ヘルパーの近くまで進ませました。
ようやくヘルパーまで近づけても、目が泳いで、ご褒美どころではありません(笑)
今日はこれで良い!
やっとご褒美をもらって、瓦礫から出てきて、かんなを大いに褒めて、撫でてあげました^^

次の日も同じヘルパー設定で行いましたが、
行くまい!と力一杯踏ん張る、ことはしませんでした(笑)
かんななりに頑張りましたね(笑)

c0127235_1752732.jpg

こういう瓦礫の上を歩いたり走ったりすることには問題ない、かんな。
でも、広い瓦礫の中から、いくつも隙間のある中から漏れてくるヘルパー臭を絞り込むことは難しい。
「ここかな?ここは!?」と絞り込み、ヘルパーさんから遊んでもらってご褒美をもらって、褒めて、
そうやって少しずつ、こんな状況にも慣れていきます。

せっかくの機会で、このような施設ですので、
いろんな状況を想定して、難しいかなと思う訓練もやってみたいところです。。
私とかんな以外は、東北の地震の際や奈良の豪雨被害で出動した救助犬とハンドラー達ですので、
その思いは強かったのではないでしょうか。。
ですが、そこはぐっと我慢。。
やはり「基本」と、「犬を観ること」と、「犬の目線(レベル)に合わせて」、に拘りました。。


かんなは8歳。
これまで色んな訓練を経験させて頂きました。
今回このようなチャンスを頂いて、感謝!です。
やや満足的な感覚に至っていましたが、まだやらなきゃ行けないことが沢山でした(汗)
訓練中、かんなのとるボデイランゲージに気がつかないこともあって、教えて頂きました。
まだまだかんなを観ていなかった、理解していなかったことに気づきました。
まだ8歳!もっとかんなとやりたい!!



九州救助犬協会HP内ブログも覗いてみて下さい♪
[PR]

by kan-chan1013 | 2012-02-20 21:56 | 訓練
2012年 02月 14日

満足、、、みたいねっ♪

c0127235_15501324.jpg

おまんたせ致しました、かんなちゃん^^
何ヶ月ぶり!?、、、の平地訓練でした。
終わった後のかんなの顔を見れば、分かりますねっ^^


c0127235_15511654.jpg

雨でベチャベチャなコンデイションの中、
こうして欲しい、ああして欲しい、と、うるさい私の注文を聞きながら、
ヘルパーさんが上手にかんなを調整してくれました。


c0127235_16164935.jpg

アキちゃまも、おまんたせ致しましたっ♪
11月以来の捜索訓練です^^;
告知が終わって、しっかりボールで遊んでもらっています^^


今日は、かんなは17日から訓練遠征に出掛けるのでその調整。
アキは、25日~26日に行われる、九州救助犬協会認定審査会に向けての調整。
認定審査会が終わったら、追及訓練再開です^^
[PR]

by kan-chan1013 | 2012-02-14 16:28 | 訓練