<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 26日

「終わったよ~」

c0127235_20544417.jpg
25日~26日は、国公立大学の二次試験、前期日程でした。
我が家の息子君も、福岡県内の大学を志願。
24日から一泊して、私も行ってきました^^

息子との二人旅は最初で最後でしょうか^^;
特急に二人で並んで座り、福岡の街中を歩き、夜はもつ鍋を突きあい。
私のように、受験に親が付いてくるところって多かったです。
もちろん携帯(スマートフォン)を片手に大学の下見にやってくる子もいましたね。
あっ、田舎で暮らしているとそう感じませんでしたが、見知らぬ都会をポカーンと見回していると、スマートフォンがあれば便利だな~と思いました。「大丈夫、話しかけてみて」って、渡辺謙さん(注:あくまでもスマートフォン)に言われてみてよ!

キャ~~~~~~~♪
ウフッ♪

それにしても、大学受験合格までは長いです。。。
センター試験で良い点を取れた!からで終わりではなく、センター試験が始まりでそこからが長い。前期日程は終わったものの、もし不合格ならば後期日程へと流れ、その間卒業式もあるが、前期日程の結果が出るまでは、親子共々気が気でなく、正直、卒業の喜びどころではない^^;

それに、私、、、しまった・・・
どこか「前期日程で合格する!」って思いがあって、後期日程のホテルや交通機関の予約をまだ手配していませんでした。
昨日、試験が終わってからの息子君からのメールを見て我に返って大慌てしています^^;
ホテルはどうにかなりそうだけど、、、、
・・・私、すっかり忘れていました
後期日程期間中、、、JR、、、新幹線開通だよ!!大混雑だよ!!

ど~しょっ・・・。

お願い、、、前期日程で合格してっ!
後は神頼みだ。。。
c0127235_20552617.jpg


もつ鍋は美味しかった♪
[PR]

by kan-chan1013 | 2011-02-26 18:29 | 家族・つぶやき
2011年 02月 18日

認知症の人の捜索に思うこと

c0127235_1355353.jpg

夜勤明けの、早朝。
スタッフ不足で慌ただしい・・・。
ある部屋では、その慌ただしさを感じさせたく無い。
声をかけると、ゆっくり目が開いた。良かった。
冷たくなった手を、蒸しタオルで包んで、その手をしばらく眺めた。
91歳の患者さんで、入院して来たばかりなのに、それが負担になってしまったのか急変してしまった。蒸しタオルで包んだ手をさすりながら、「そういえば大牟田も日南市も、そして、施設に入所している私の祖母も、同じく90歳を超えた方達だ」と思った。


先日の、大牟田市での行方不明者捜索から帰り、主人に「(ご遺体)発見」の報告をしました。以前ならば、(ご遺体でも家族の元へ帰れたことを)喜んでくれていたのですが、この時は違いました。
「生存者を発見せんでどうする」。
確かに、私達(犬)は「死体(遺体)捜索犬」ではありません。
その訓練をすることもありますが、生存者、要救助者を想定した訓練を行っています。
早く現場に入って生存発見を!と思っています。

主人の言葉が頭から離れないまま、大牟田市の行方不明者捜索で使った資料を整理していました。その資料の中の一つに、行方不明者情報提供シートがあり、その提供元が「大牟田地区高齢者等SOSネットワークシステム」というものでした。そういうネットワークがあることを初めて知りました。そして、偶々新聞を読んでいたら、私の住む八代市でも、春からのネットワークの運用が始まるのを前に、先日、「徘徊SOS模擬訓練」が行われたそうでした。さらにネット検索してみると、大牟田市でも「徘徊模擬訓練」も実施されていました。

「徘徊模擬訓練」とは、事故が起こる前に徘徊者を早期発見する訓練で、地域住民が徘徊している認知症の人への声かけ等を学ぶ、というもの。
新聞によると、八代市においても認知症の人は約4千人、年数回「行方不明になった」との市民からの連絡があるそうです。

事故は必ず起こらない、ことはないでしょう。
残念な結果で終わらないように、早期の段階で、私達(救助犬チーム)にもお手伝い出来ると思います。人間の「捜す」+犬の嗅覚で「捜す」で、凄い力になると思います。

大牟田市や日南市の残念な結果で止まってしまわないように。。。
「救助犬の認知度が低い」と認識しているのなら、こちらからのアピールも必要だと。。。
[PR]

by kan-chan1013 | 2011-02-18 14:43 | その他のつぶやき
2011年 02月 13日

福岡県大牟田市での行方不明者捜索

c0127235_21412112.jpg

2月10日(木)の発生事案でした。
91歳の、認知症の男性が自宅から行方不明となりました。
地域住民の方、お世話にあたっていたケアマネージャーさん他、市の職員方が3日間捜したそうですが発見できず、九州救助犬協会へ捜索を依頼されました。
目撃情報や遺留品の発見は無く、そしてさらには、捜索場所は車の行き来が多い住宅街で、今回も難しい状況での捜索でした。
今回捜索に参加したのは、9名のハンドラーと救助犬。その中には、初めて捜索に参加するハンドラーと救助犬がいました。

ケアマネージャーさんや市の職員の皆さんから状況説明を受け、現場へ移動し、各の捜索場所へと向かいました。初めて参加したハンドラーは、先輩ハンドラーと一緒に行動し、その捜索やハンドリングを学んでもらうことにしました。

自宅周辺を中心に捜索し、次第に捜索範囲を広げていきましたが、午前中、救助犬の反応は無し。昼食をとりながら午後からの捜索場所を検討し合いました。

c0127235_22293318.jpg


「本人がよく行っていた場所を捜索して欲しい」
「もしかしたらあの場所かもしれないので捜索して欲しい」
「もしかしたら、あそこへ行くためにこの道を通ったかも」

皆さんの、本人への思いが伝わってきます。
ですが、目撃情報が無い状況で、はたして本当にその方向なのだろうか?
過去の経験を頭の隅から引っ張り出して考え、目撃情報が無いなら、そう遠くへ行っていないのではないか?ということ、それを考慮した上で捜索範囲を絞っていくことにしました。

やはりヒントは、「目撃情報が無い」ということでした。
自宅周辺へ戻って捜索していた仲間の救助犬が(残念な結果で)発見しました。

発見した場所は、地域の方が捜していらした場所でもあるし、午前中に救助犬も捜索している場所でもありました。ですので、捜索にあたったハンドラーが、「自分と自分の犬の力不足・・・」「もしかしてあれは反応だったのに私はそれに気がつかなかった・・・」と少し悩んでいるようでもありました。
確かにそうなのかもしれませんが、捜索した時間帯が違えば条件も違ってくるので、それを考えた上でもう一度、違う角度から、と他の仲間が捜索してくれる、何頭も出動してチームで捜索するのはその為ではないか、と答えました。

初めて捜索に参加した仲間達も色んなことを感じてくれたようです。
現場で救助犬による捜索を初めて体験し「凄い!」と思ってくれた仲間、ロングリードでの捜索が難しいと気づき、訓練でやってみますと言ってくれた仲間。。。
私も勉強になりました。。。



PS:先週行った、宮崎県日南市での行方不明者捜索ですが、11日(金)に再捜索を行い、救助犬により行方不明となっていた方を(残念な結果で)発見しています。後日、九州救助犬協会HP内ブログで報告されると思いますのでご覧下さい。



行方不明となっていた方々のご冥福をお祈りいたします。
[PR]

by kan-chan1013 | 2011-02-13 21:42 | 出動
2011年 02月 08日

灰が凄かった・・・

c0127235_7353096.jpg

新燃岳から遠く離れている日南市も、降灰が凄かった。
山の中までは無いでしょ、、、と思って入ってみれば、あっという間にかんなは真っ白・・・。
降灰対策を!と連絡があったので、マスク・ゴーグルはもちろん、服やスパッツも準備しました。目や呼吸器の症状は大丈夫でしたが、かんな同様、私も全身真っ白・・・。

c0127235_7452326.jpg

↑のように、灰が・・・。
かんなが駆ける度に舞い上がります。
仲間のシェパードは、自分で舞い上がらせた灰でむせていたと言いました。
かんなはむせてはいなかったけど、気のせいかな?いつもより水分を多く摂っていたな~。

早朝、「霜かな?」と思ってよ~く見ると、灰。
帰りの高速道路、やっぱり高原~都城間が視界が悪かった。
噴煙が都城市上空を流れているのがはっきり見えた。
夕方噴火したと、帰りに立ち寄った霧島SAの従業員の方が教えてくれた。

c0127235_7572845.jpg

日南市内に入ると、早朝にもかかわらず、自宅前に貯まった灰を取り除いている方の姿を見かけました。↑のように、スコップを片手に長靴を履いた方達の集団を見かけました。

今朝のニュースで、高原町では、灰を除去するボランティア募集を始めたようです。
灰を除去する作業も重労働ですものね、いつまで続ければいいのか見通しも無いし。
沢山集まることを願います。
こういう直接的なボランティア参加は難しいですが、自分に出来るボランティアで、(発見して)少しでも元気になってもらいたい!と捜索を頑張ったけど、残念です。。。
[PR]

by kan-chan1013 | 2011-02-08 08:10 | その他のつぶやき
2011年 02月 07日

宮崎県日南市での行方不明者捜索

c0127235_1561072.jpg

1月22日(土)の発生事案でした。
92歳の男性が行方不明となり、警察(警察犬)・消防・消防団・家族・地区の皆さんで捜索されていましたが未だ発見に至っておらず、2月6日(日)、15名のハンドラーと救助犬により捜索を行いました。
山間の、のどかで小さな集落で起こりました。また、目撃情報や遺留品発見は無く、大変難しい状況での捜索となりました。

c0127235_1530481.jpg

自宅周辺を中心に、畑、池、神社、川、山を捜索しました。
かんなと私が担当したのは、自宅近くの山。
「こんな所には入らないだろう」と思えるような山です。思い込みはいけません。(一番目の画像)
倒れている杉の木が沢山です。道なんてありません。
「こんな所には・・・」と思えるような、溝の中も確認しました。思い込みはいけません。(2番目の画像)

c0127235_15433520.jpg

地元の方が一人、サポーターで付いて下さいました。
地図を見ながら捜索した場所を確認し合います。
地元の方のサポートは有り難いです。捜索場所近くで畑仕事をされている方に、救助犬が入ること、車が入ることを説明してもらいました。山の中に入る時が一番心強い。

かんなは半年以上の間をおいての、久しぶりの捜索でした。
調子は良く、夕方までその状態は維持できました。
途中、私達のサポートで付いてくれていたみえちゃんに、隠れん坊をしてもらいました。
「真剣な捜索中に何なってんの!」と思われるかもしれませんが、これは、犬の捜索意欲維持の為に大切なこと。かんなが夕方まで頑張れたのも、これをやってくれたみえちゃんのお陰かなと思います。


夕方17時過ぎまで捜索を行いましたが、未発見でした。
行方不明となってもう半月程になり、ご本人はもちろんですが、帰りを待っている家族の疲労も心配です。目撃情報や何か進展がありますよう願います。

捜索については、九州救助犬協会HP内ブログもご覧下さい。
近日中にアップされると思います。
[PR]

by kan-chan1013 | 2011-02-07 16:11 | 出動
2011年 02月 01日

痩せてしまった、かんな

c0127235_19445095.jpg

今日は暖かな一日でした^^
ここのところ洗うにも洗えなかった衣類を、一斉に洗濯!満足~!
天気予報によると、この暖かさは平年並み、って、、、
・・・そ~と~寒かったのね、ど~りで。。。


さて、昨日は、かんなの血液検査の日でした。
以前、高値だった肝臓酵素。
1ヶ月前には正常範囲まで戻ってきたものの、まだ高い数値で安心は出来ず、さらに1ヶ月後に再検査してみましょう、ということで血液検査を受けてきました。
血液検査の結果は問題なし^^ まずは一安心。
先生と相談の結果、これ以上の検査をすることなく、様子を見ていきましょうということに。

もう一つ先生に相談してみました。

かんなが7歳をとった頃から、ドッグフードをシニア用に変えました。
しばらくすると、何だか痩せてきた!?って身体になって、お尻と大腿部分のモリッ♪(キャッ)とした筋肉が無くなってきたように見えてきました。
そして、あばらが浮いてきて、首が細~く・・・。
・・・体重を量ったら、19.5㎏。(かんなのベストは21㎏)

良かれと思って変えたシニア用フードなのに、、、
ああ~、ママは痩せないのに、かんなちゃんが痩せちゃっうなんて~~~

先生は、「シニア用だけ与えるのではなく、活動犬用のフードを二割くらい混ぜてみたらどうか」とアドバイスしてくれました。市販のシニア用フードは、運動をあまりしない犬や室内で暮らす犬用に作られているものだろうから、かんなのように訓練をする犬には、シニア用だけ与えてもカロリーが足りていないのだろう、と。

なるほどでした。
で、今、シニア用フードと今まで食べていた成犬用のフードを五分五分で与えています。
かんなちゃんの、モリッ♪としたお肉~カンバッ~ク(>_<)
ついでにママの弛んだお肉~バイバイキ~ン(>_<)
[PR]

by kan-chan1013 | 2011-02-01 20:34 | かんなのこと