<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 21日

緊急消防援助隊九州ブロック合同訓練in八代市

c0127235_8465840.jpg

11月18日(日)、毎年行われている「緊急消防援助隊」の合同訓練が地元で行われました。
九州救助犬協会はこの合同訓練に初めて参加しました。私もかんなと参加しました^^
いつも参加している防災訓練とは違い、この訓練は「ブラインド」。主な訓練内容は当日、その時まで非公開です。

私とかんなペアは「埋没車両訓練」に参加しました。「山からの土砂で車両が埋もれている。山の反対側は川となっている。土砂の中にも車両が埋もれている可能性が高い」というような訓練設定でした。

まず訓練は救助犬による捜索から開始。
ペアとなったもう一頭の救助犬とかんなで訓練現場をダブるチェックし、お互いの要救助者反応場所を確認し合い、後方隊の沖縄県隊隊長に報告、隊長より「救助犬は現場待機」の指示があり、そこから沖縄県隊の指揮下に私達は入りました。そこからが私達のブラインド訓練でした(汗)

救助犬の反応があった車両から要救助者が救出されます。
微反応報告をした場所を掘り起こしていくと、埋没車両が確認されました。
さらに別の場所を掘り起こしていくと、2台目、3台目と車両が出てきました。
現場を指揮している隊長から(以下、隊長)、「要救助者が居る可能性がある、慎重に掘っていけ!」の声がかかります。熊本県警機動隊も救出活動に参加し、どんどん掘り起こしていきます。
ドアが開放できた車両から要救助者が救出されると、「残されている要救助者は居ないか、救助犬で確認せよ」の指示があり、私達は車両の中、周り、車の下をチェックし、「反応無し!」「救助犬による反応は見られない!」と報告していきます。「震度6強の地震が発生」という訓練の大きな設定だったので、時々「余震発生!現場を離れて待機!」の指示もあり、救出は難航します。ある程度掘り起こした時点で隊長は救助犬による捜索を指示。私達は掘り起こした土砂部分を捜索。別の埋没車両から要救助者(ダミー)が居ることが分かると、待機していたDMATが処置を開始、救急車で搬送されていきます。要救助者が救出されると、「助手席に要救助者が居る可能性がある」と、隊長の指示で救助犬の捜索。ですが、土砂が多く確認出来ず、私は隊長にそのように報告。隊長はそれを元に「まだ土砂が多く救助犬による確認が出来ない。要救助者の居る可能性はある、慎重に土砂を掘れ!」と指示を出していきます。大型重機の投入もあり土砂を取り除いていきます。ある程度の土砂が取り除かれると、ここも救助犬による確認作業の指示がありチェックします。




c0127235_8442451.jpg


約2時間ほど合同で訓練を行いました。
色んな大きな音や車両がかんなの側を通りましたが、案外平気でした。(ホントは少し心配だった^^;)
訓練は、沖縄県隊体長に訓練終了・退却の指示を出され、私達の訓練も終了しました。

救助犬の捜索方法、報告の仕方、大変勉強になりました。
[PR]

by kan-chan1013 | 2012-11-21 09:33 | 訓練
2012年 11月 19日

嘱託警察犬審査会

c0127235_18575724.jpg


先週末のことでした。今回はアキの足跡追及のみのエントリーでした。
100歩程度のオール・アスファルト、物品は出発点を含めて4つで、うち3つは、長さ1㎝もみたない黒いゴム片(昨年よりさらに小さくなっていた!!)。当日は快晴で乾燥し、風が強かった。アキはお昼頃の審査でした。

PD宮﨑で失敗だったかなと思った出番待ちを少し工夫。
良い感じ、と思った矢先に、アキが自分の嫌いな姉妹犬を発見し、、、唸る。。。
一喝し、ボールで気分を変えさせようとするが、一度見てしまったものは執着する、、、落ち着かない。。。
それでも尾っぽを振ってボールで遊んでいたのでまだ希望はある。。。

審査の時間となり審査員に申告し、スタートに立った、、、後、やたらと後ろを気にする。何!?と思って振り返ると、そこには嫌いな姉妹犬が居るではないか・・・(爆)。何てこったい!と思いながらも、平常心!平常心!と自分に言い聞かせ、時間をかけて、ゆっくりアキをスタートさせました。


c0127235_19145717.jpg


スタートは良かった!が、最初のコーナーを曲がらず戻って来た。やはり後ろを気にして集中していない!
馬鹿たれが!と心で叫び(爆)、顔と声は平常心を忘れてないよ~な感じで呼び戻し、座らせ、落ち着いたところで再スタートさせました。今度はど~にかこ~にか進みだし、ど~にか第一物品のゴム片を発見し、伏せない・・・。そ~と~雰囲気にのまれちゃってます。肝っ玉のちっちゃいヤツです、アキ。そんな感じでど~にか最終物品ゴム片までたどり着きました。

ど~にかこ~にかたどり着きましたが、6月の競技会から、「本番では伏せない」という悪い癖がつきまとっています。日頃の練習でもそれは重視しているつもりだけど上手くいっていない、、、考え直さなきゃ。。
訓練仲間が、スタートの動画を撮ってくれていました。それを見てみると、自分では時間をかけて(ためて)スタートしたつもりが、アキが集中しきれていない状態でスタートさせているのが分かりました。雰囲気にのまれる原因を作っているのは私にもあって、下手だったな~と反省・・・。

アキは真面目だ。一生懸命だった。それがよく分かった。
全体的にはダメダメな追及だったけど、確実に去年より成長しているのが分かった。
それが分かっただけでも嬉しくて、満足!!
また頑張れそう♪
[PR]

by kan-chan1013 | 2012-11-19 19:42 | アキとの訓練
2012年 11月 11日

えびの郷土の森

c0127235_1039875.jpg


えびの高原からは、いくつかのトレッキングコースがありますが、「えびの郷土の森」という遊歩道もあります。先日、「えびのエコパークミュージアム」職員の柳田さんに森を案内してもらい、かんなちゃんと秋の森を楽しんで参りました。久しぶりのかんなちゃんとのお出かけ^^ かんなちゃんも終始ご機嫌で歩いていました^^♪

午後を過ぎてからの出発。
途中、老夫婦と出会い、「今から甑岳に行くの?大丈夫?」と声を掛けられました。
「はい、大丈夫ですよ」と二人で返事しましたが、こういう声かけ、山では大事ですね!気遣って下さった夫婦に有り難いと思いながら森へと進んで行きました。
森への入口では、紅葉の赤い絨毯が出迎えてくれました。すっごく綺麗で、カメラで写真を撮る方がチラホラ。
森の木々の葉は既に落ち葉となっていて、もう一週間早く来ていればもっと綺麗だったのでしょうが、落ち葉をカサカサと歩く感覚も大好きで、十分楽しめました^^
巨大木がいくつもあって、その殆どに苔がビッシリと張りつめていました。長い時を感じたり、雄大さを感じたり、柳田さんがこれを見て言った「格好いいですね」という言葉に感動したり。。。

c0127235_1059266.jpg


森を進んで行くと、木々の種類が変わります。
足下が少し緩んでいて、注意しながら歩いていると、動物の足跡に気がつきました。
「これは鹿ですね」「この足跡、大きいですね!この辺の土を掘り起こしているので、これは猪でしょうね」などと話しながら観察するのも楽しい^^ かんなちゃんもそんな私達に近寄って来て、クンクン・フンフンと話を聞いては、早く行こうよと前を歩き始めます^^

c0127235_1183012.jpg


かんなちゃんは、ある程度の私達との距離を保ちながら歩いて行きます。
森の中ですので、小鳥たちの集団に遭遇することもありました。
すぐ側で鹿が鳴いた時もありました。
特に深追いしません。こういう所に一緒に行けるのは、やっぱり、かんなちゃん^^
*犬を連れて森に入りノーリードですが、相談の元に行っております。

c0127235_111905.jpg


足下も楽しい!でも、足下だけではなくて、見上げれば綺麗な紅葉をまだ楽しめました。
「これは何という木ですか?」と質問すると、柳田さんはすぐ答えてくれます。
ふと我に返り、下や上にばかり目がいき、森のルートを見失いがちになっているのに気がつきました。ルートは綺麗に整備されていて、ピンクの目印が分かりやすく結んでありますが、この森は迷いやすい所がいくつかあって、私はガイドさんが同行した方が良いなと感じました。

c0127235_11313232.jpg


3時間半ほどかけて森を抜けました。
到着した白鳥神社の横にある紅葉がこれまた見事でした^^
この日は曇り、それに夕刻ともあって色づき具合が今一表現できていませんが、お天気の良い日には、それは見事なんでしょうね^^

楽しい時間でした。今度は新緑の森を楽しみたいです^^
[PR]

by kan-chan1013 | 2012-11-11 11:38 | 犬との遊び
2012年 11月 08日

PD宮﨑、、、撃沈。

c0127235_1958734.jpg


11月4日(日)。PD宮﨑に出陳。
6月以来の競技会。それなりに頑張って来たつもりだったけど、全く自信がないままの出陳。
特に会場の雰囲気に流されず、出番待ちをしていたアキ、、、だったが、次、という時に息が上がってた(汗)。
この日一番暑かった時間帯だったのは確かだが、やっぱり、雰囲気にのまれちゃったアキ。。
出番待ちって、難しい。。

競技中は、コースの大幅カット、ポイントを伏せしない、鼻を上げる、ピンを見る、小走りになる、色んな事をやってのけた。それでも最後まで競技を続けさせてくれて有難う、審査員さん。最後の物品も伏せようとせず、審査員さんの指示で、大声で伏せをさせました。

今更ながら分かったことがある。
アキに関しては、日頃の練習で上手くいかなくても本番できっとやってくれる、奇跡が起こる!って犬じゃない。
これでどうだ!ってくらいまで、気持ちも含めて到達していないと、本番で上手くいきっこない!!

全部、私が下手だった、だけだけどね。。


さて、あと一週間しかないぞ・・・。
持っている物全部引き出して、やるだけやってやろう!
[PR]

by kan-chan1013 | 2012-11-08 20:22 | アキとの訓練